新潟の中古物件、そのリフォーム事情

続いて、新潟の中古住宅のリフォーム事情についてご紹介しましょう。

新潟県は南北へと伸びており、さらに海岸部、山間部、平野部と気象的、地理的にも異なる特性がある新潟県の住宅の特徴を一言で語るのは大変難しいと言われています。しかし、基本的には寒冷地であるため、北国型の住宅が適しています。

新潟の築30年以上の中古物件をリフォームする際には、外部に面している屋根や天井裏、床下や壁に断熱材を充填させる、開口部分に断熱性が非常に高いサッシを取りつけることによって省エネ性と快適性を格段に向上させることができます。また、豪雪地域の住宅であれば、耐雪荷重は必ず考慮にいれなければいけない問題です。

新潟市などの海岸部では、積雪対策も大事ですが、それと同じくらい強風対策を行うことも大切です。新潟県の大きな特徴である夏の日照時間の長さ、この特性を配慮した窓の配置を考えることも重要です。

新潟の中古住宅のリフォームやリノベーションは、ある種独特とも言える新潟の気候や地域の特性をよく知っている地域密着型の施工業者に施工してもらうことが最も大切だと言えます。

幸せホームは、新潟に特化した不動産会社として仕入れ及びリフォーム販売といった業務を他社に任せることなく、すべてワンストップで対応をしています。お客のコスト削減や、細かな部分までのニーズに対応した仕事、それこそ幸せホームが新潟の数ある不動産会社の中でもトップクラスの実績を誇っている理由でもあるのです。